ご退職に際しての手続き

  1. ご退職に際しての手続き

ご退職に際しての手続きのご案内

永年にわたる教職員としての勤めを終えられ、退職される皆様、大変お疲れ様でした。

学校生協は、2008年の生協法改正により退職後も組合員資格は継続できるようになりました。現在、生協組合員である方は、退職時に手続きが必要です。下記の案内に従って手続きをお願い致します。

ご退職の組合員様へ

ご退職に際して「継続される場合」と「脱退される場合」とを比較できるように案内してあります。参考にされてください。

意思確認書

退職後、継続組合員となるか、脱退するかの「意思確認書」です。全員提出が必要です。記入していただいて学校生協へ送付してくださるようにお願いいたします。退職後、再任用で勤務する場合、給与控除が可能となるために再任用先の学校を把握する必要があります。

継続する場合の口座登録

継続する場合に口座登録が必要です。郵便局の場合は、下記PDFの記入例の用紙が郵便局に備えられています。窓口で記入し、通帳と一緒に郵便局窓口に提出してください。

労働金庫での口座登録

労働金庫で口座登録する場合は、下記PDFから用紙をダウンロードし、預金口座情報のみを記入、金庫届出印を押して学校生協へ提出してください。

「教職員録」の購入について

退職後学校を離れるも、「教職員録」の購入を希望される先生はこちら。再任用の方は勤務学校で注文されてください。